占いで悪い結果を言われた時の心の持ちよう

占いをしてもらうと必ず自分の満足の行く結果が出るとは限りません。自分が求めていた結果とは全く真逆の結果がでることも多いです。
悪い結果を伝えられた時は落ち込んでしまうかもしれませんが、自分に都合のいい答えを求めて別の占い師に同じ悩みを相談するのは依存症になってしまう可能性が高いので注意しましょう。

占いは同じ悩みであっても占術によって大きく結果が変わることがあります。占い自体が万能なものではなく、あくまでも「こういう運命になるかもしれない」というアドバイス的なポジションのものなのです。
例えば恋愛相談で「彼とうまくいかないと言われた」場合、ただ落ち込むのではなく「自分が変わればうまくいくかもしれない」とポジティブに考えることが大切です。

良くないのが悪いことを言われたからと、その負の感情に振り回されてしまうことです。
どうしても受け入れられないようなことを言われた場合は、「この占い師とは相性が良くなかったんだな」と考えて気持ちを切り替えることも大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る