動物占いと四柱推命の関係

「動物占い」というものが以前ブームになりましたが、この動物占いというのはただのお遊びの占いではありません。
四柱推命の中の十二運星を動物に当てはめることで分かりやすくしたのが動物占いなのです。四柱推命自体が中国に昔からある占いですから、動物占いも中々馬鹿にできない的中率となります。

動物占いは猿、チーター、黒豹、ライオン、虎、子守熊、たぬき、ゾウ、ペガサス、狼、小鹿、羊の12の動物と、太陽、満月、新月、地球の4つのグループに分けられます。
自分がどの動物のどのグループに属しているかを調べるには、生まれた年(西暦)と生まれた月に対応する数字に生まれた日付を足せば分かります。
1〜60の間の数字に対応しているので、60を超えたら出た数字から60を引いた数字が対応したグループの動物となるのです。

最近ではインターネット上でも簡単に調べられるようになっていますので、興味が湧いた方はぜひ自分が何のどういった動物なのかをみてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る