占い結果は気楽に考えよう

占いに依存しがちな人に多いのは、「占いで言われた結果が全て」だと思い込んでしまう方です。つまり悪いことでもいいことであっても、占いで言われたのだから必ず起こると思い込んでしまう人です。
盲信的になりすぎるがため、その占い結果が外れると「あの占い師はインチキだ!」と騒ぎ立てます。
まず前提で伝えておきたいのは、占いというのは絶対のことではありません。本来の占いは結果に盲信的になりすぎるものではなく、悩みに対して導き出された結果を通じて問題解決への道標となったり、新しい視点で物事を考えるためのサポート的な役割であるものなのです。

占われた結果がいいものであっても悪いものであっても、最終的にその結果になるかどうかは日々の過ごし方で変化していきます。
もし占い自体が悪い結果だったとしても落ち込む必要はありません。その結果はあくまでも今の状態のままだとこうなってしまうというものであって、その結果を避けるために自分で行動を起こせばより良い方向に物事は進んでいきます。
もちろんその逆もあります。いい結果だったからと言って何もしないでいると、いつの間にか悪い方に物事が進んでいってしまうこともあるのです。

悩みに対して伝えられた占い結果は、あくまでも起こり得る一つの結果です。重く考えすぎず、自分の望む結果になるように努力することが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る